喫煙がもたらすデメリット

タバコを吸うとさまざまな病気のリスクが上昇しますが、同時に寿命にも影響を与えます。喫煙と関連があると言われている病気は、がん、歯周病、消化性潰瘍、血圧上昇、動脈硬化、慢性閉塞性肺疾患、精子の異常、インポテンツ、流産・早産、低体重児出産などたくさんあります。喫煙者が死亡する危険度は、同じ年齢のタバコを吸わない人に比べて約2倍も高いですが、禁煙後5年くらいから死亡する危険度に改善がみられ、禁煙後10年~15年でタバコを吸わない人とほぼ同じくらいになります。

2000年、わが国ではタバコによるさまざまな病気によって11万4,000人もの人々が亡くなっています。タバコが原因とされる死亡者数が1965年に2万2,200人であったことを考えると、35年間で約5倍も急増したことになります。このように、喫煙は最大の病気の原因であり、最大の早死の原因でもあるのです。禁煙を続けて、健康な体を取り戻しましょう!

・女性の卵巣機能に大きく影響する
タバコの成分の中には、血管を収縮させて血管中の酸zをz編でzdんsゼネジャでをz兵をzへんでぶzヒダお打線けシェンmシくぃぐぉzへんでぶzヒダおファシェンgぇshねm市区ぃん素を減少させる働きを持つものがあります。その結果胎盤の機能が低下してしまい、胎児の栄養不足や酸素不足を誘発し、発育を阻害するのです。

・がんのリスクを高める
ばこの煙には200種類以上の有害物質が含まれており、そのうち約60種類に発がん性があるとされています。これらの有害物質は主に肺胞から吸収されますが、口腔や気道、胃、腸管からも吸収され、全身の臓器に影響を与えます。

・肌へのの悪影響
肌には悪いです。タバコは、お肌の新陳代謝を低下させるだけでなく、一酸化炭素による血行不良を引き起こし活性酸素の増加によりシワを増やします。だから、タバコをよく吸う人は肌荒れになってしまいます。

・歯周病
喫煙が引き起こす病気としては、歯周病もあります。喫煙によって、歯が黄色くなるのは有名ですが、歯周病にもなってしまうのです。しかも、喫煙からくる歯周病は、非常に発見しづらいんです。なぜなら、ニコチンよる血流低下や、一酸化炭素による酸素の供給が不十分になることで、歯肉が炎症を起こしても出血がないので、症状が見づらいのです。しかし、これは歯周病が進行していないのではなく、実際に内部ではかなり進行しています。気が付かないのに進行しているので、いきなり大量の歯を失う事になってしまいます。