タバコの美容への影響は?

タバコを吸っていると、シミ・シワ・かさつきなどが起きることがあります。その他にも、くすみやニキビ、吹き出物といったトラブルが起きると感じている人も多くなります。これは実際に様々な研究結果により証明されていて、タバコで肌の健康が失われるということが解っています。

タバコで肌が老化すると言われているのには様々な理由がありますが、大きく分けると「タバコが肌の細胞を老化させる」「ニコチンやタールの影響で肌に悪影響が起きる」という2つの原因に分けられます。

・タバコが肌の細胞を老化させる
タバコには、細胞を酸化させてしまう作用があります。細胞が酸化するということは、細胞が老けるということ。肌細胞が酸化するとコラーゲンの生成量が減って肌の潤いが失われたり、シミやシワが非喫煙者よりも進んでしまう原因となってしまいます。単純に年齢を重ねるとどうしても肌は酸化してしまいますが、喫煙をするとその酸化がさらに進んでしまいます。抗酸化作用のある物質をしっかり摂取していれば肌細胞の酸化はある程度抑えられますが、喫煙すると抗酸化作用のある成分を破壊してしまうので酸化を食い止めることも難しくなってしまいます。

・ニコチンやタールの影響で肌に悪影響が起きる
タバコに含まれているニコチンには、血流を悪くする作用があります。血流が悪くなると顔色が悪くなり、くすみ等の原因になることがあります。また、タールが肌に付着すると毛穴が汚れるといったトラブルが起きることもあります。

肌の美しさを保つのに欠かせないビタミンCは、タバコをたった2本を吸っただけで一日の必要量が失われてしまいます。ビタミンC不足は風邪などの感染症などにもかかりやすくなる上、ビタミンCはストレスから身体を守る副腎皮質ホルモンの原料ともなるので、ビタミンC不足は、ストレスに弱くなり、体調をくずしやすくなってしまいます。ビタミンCには、コラーゲン合成、メラニン色素生成抑制、免疫力を高める、傷の回復を良くする、抗ストレス、抗老化、などの作用があり、また、遊離脂肪酸からセラミドを合成して皮膚のバリア機能を上げたり、肌のキメを整える、という効果もあり、肌のためには欠かせない美容ビタミンといえます。