タバコの有害物質

今、タバコを吸う人が増えています。男性ではなくて女性もいます。タバコが健康に良くないことは、多くの人が知っています。タバコの有害物質はご存知ですか?ここで、タバコの有害物質を解説しております。タバコの煙は、実に4,000種類以上の化学物質で形成されています。このうち有害物質とされているものが約200種類。さらに、発ガン性物質は50種類以上も含まれています。

その中でも特に有害であるとされている次の3つの成分について、簡単に説明します。

ニコチンについて

タバコに含まれる代表の物質はニコチンです。ニコチンには、高い中毒性があるのは皆さんご存知ですよね。ニコチンを摂取すると身体的な依存が起きることは有名ですね。このニコチンの中毒性ですが、麻薬であるコカインやヘロインよりも強いんです。実際中毒性の低い物質から並べると、「カフェイン」→「アルコール」→「コカイン」→「ヘロイン」→「ニコチン」となっています。他にも、ニコチンを排出する際、腎臓にものすごい負担がかかります。そのため、腎臓病の発症リスクも高めることが分かっています。

タールについて

喫煙者であれば分かると思いますが、タバコを吸った時にフィルターに付着する茶色い物体、それがタールです。タールの含まれている煙には、ベンツピレンをはじめ、アミン類などの大量の発がん性物質が存在します。実際にタバコ1本に含まれているタールの量は、葉っぱが同じ物であれば、同じなんです。パッケージに表記されているmg数はフィルターを通して摂取した場合のタール量の数値であり、吸い方によっては、かなり前後してしまいます。タール量の表記が高い程フィルターの目が荒く、低い表記の物程フィルターの目は密となっております。

一酸化炭素について

通常、肺へ吸い込んだ酸素は、ヘモグロビンと結合し全身に送られています。一酸化炭素は、摂取するとヘモグロビンとくっつく性質を持っており、本来ヘモグロビンが果たすはずの役割を奪ってしまいます。この一酸化炭素は、酸素の200倍以上ヘモグロビンと結合しやすいんです。よって、取り込んだ酸素が全身に回らず、息切れや酸欠状態を引き起こしてしまします。